CXC Markets 出金拒否されて困っています(254万) 続報3

業者情報

2020年になって日本市場に進出してきたCXC Markets(しーえっくすしー まーけっつ)、取引していたところ出金拒否に遭いました。その金額254万。 ※先日まで出金申請していたのは249万余で、その後、取引したことで254万余まで増えています。

詳細経緯等は以下の過去記事を参照ください。 

出金拒否に至った経緯

まずは出金関連のやりとり概観を時系列で下記します。

8/25…入金  5万
9/ 1…出金  7万余 → 出金できた
9/16…入金 110万
9/21…出金 249万 → 出金できない(拒否される)

11/11…出金 254万 → 出金できない(拒否される)

11/15…現在に至る(当記事の公開日) → 現在も1円も出金できてない。元金すら。

その後の状況

1.サポートとのやりとり

前回から進展あれば記載したかったのですが、まったく回答がなく、こちらからの質問のみ増えている状態です。無視する、ってありえないですね、サポートとして。職務怠慢。

当方としては最低でも1日1回は回答状況をチェックしており、もしもCXCから返信あればすみやかに(1営業日以内をメド)返信しています。こちらからの質問に満足のいく回答がもらえればクローズするのですが、ことごとく意味不明で矛盾だらけの回答が返ってくるので、再度それを突っ込む。そのかたわらで、別の質問が出てくるからその分のチケットも起票するが、それに返答すらしない。回答せずに勝手にチケットをクローズするから、当方で再度オープンする。不毛な悪循環です。サポートとしての仕事放棄ですね、どう考えても。

2.出金申請(手続き履歴)

金額254万余に変更して出金申請したのですが、ことごとく拒否しています。5連続。しかも、前回と同じ意味不明なコメントまで付けて。(積極的に不正取引の過程を説明してください、うんぬん。)以前は出金申請をそのまま滞留(放置/黙認?)していたのですが、先週はやたらとすぐ拒否してました。CXC社内でなにか言われたんですかね、保留状態の申請を減らせ、とか、ステータス滞留するな、とか。こちらの出金申請に、何の説明もなく即拒否。質問チケットの回答レスが遅いわりに、出金申請の方のレスポンス(拒否)は早いです。

以前は出金申請はできていたのですが、何の説明もなく突如として不可になりました。「Account is disabled(このアカウントは無効です)」 これまでの説明からすると、口座凍結してたはずなのですが、どうやらそれはしてなかったようで。忘れてたのか。 あわてて作業したのだと思われます。

3.口座の状況

Standard口座には254万余の残高、クレジット33万ありです。

その口座をMT4で開こうとすると、「口座無効」と表示されます。

先週までは普通に取引できてたんですけどね。(資金を249万から254万に積み上げましたし。)アフィリエイトの都合もあるから、取引できないことは極めて不都合・不利益きわまりないのですが、CXCはそういった部分への考慮すらできないのでしょう。

CXC出金拒否については、当ブログで複数回にわたり記事にしていますし、Twitterでも情報発信しています。もしかしたらCXC側でも参照しているのかもしれませんね。たまに行動がリンクしていると感じるときありますし。 同じような被害者がこれ以上増えないことを祈るばかりです。

状況の整理

改めて状況を整理します。

こちらの要求

ごくシンプルで、元金+利益分の254万余をすみやかに出金して欲しい、ということ。

それに対してCXCからは「3-6ヶ月以内に凍結を解除し、凍結を解除して元金を引き出すことができます。」という意味不明な回答しか得られてない。すでに1ヶ月経過しているが「3-6ヶ月以内」が「2-5ヶ月以内」とはなってない。永遠に「3-6ヶ月以内」が続きそうだ。そうこうしているうちに日本撤退しそうだ。

論点

いま論点としている(と当方が思っている)のは以下4点。

①9/24 16:57 「明らかに」「複数の口座とプラットフォームの両建てが存在します。」 とCXCが主張しているが当方にその認識はまったくない。「明らか」だというなら証拠(evidence)の提示を。→ CXCは無視し続けている。

②当初は記載がなかったが、本件のやりとり中、10/14にCXCはホームページに「禁止行為の有無についての判断は、当社が行うこととし利用者に対するその内容・根拠の説明・証明を要しないものとします。」 と突如加筆。しかも他社の文面を丸々コピー(Land-FXと同文)。なぜこの加筆をしたのか、そもそも「禁止行為」とは何か、どこに記載(開示)されているのか。→ CXCは無視し続けている。

③9/21 22:33 に「積極的に不正取引の過程を説明してください。」とCXCは顧客に求めたが、なぜ顧客に説明を求めたのか?②を主張するなら、説明を求めないのでは?→ CXCは無視し続けている。(②の改ざんをしたことで、自己矛盾に陥ってると推察。)

④正確な日時は不明だが、少なくとも11/9までは取引可能だった。ところが11/12に取引不可となった。以前より口座凍結していたと主張していながら取引は可能だったが、11/12になぜ取引不可となったのか。→ CXCからの回答なし。 

今後も進展あればアップしますし、進展なければないなりにアップしていきます。

タイトルとURLをコピーしました