海外FX業者は違法なのか?

業者情報

国内ではなく、海外FX業者を使うことは違法か? 

 ↓

いえ、違法ではありません。(適法、合法です。)

金融庁のスタンスと海外FX業者のスタンス

以下は金融庁のHPからの抜粋です。

金融商品取引法に基づく登録を受けていない海外所在業者が、インターネットに日本語ホームページを開設する等により、外国為替証拠金取引(FX取引)や有価証券投資等の勧誘を行っている例が見受けられます。

さらに対象業者をエクセルのリスト形式で開示しており、当ブログでおススメしているFX業者もいくつかリストに記載されたりしています。
ただ、注意して欲しいのは、そのリストは『違法なFX業者の一覧』ではないということ。
金融庁のそのリストは『日本の金融商品取引業の無登録業者』です。

以下はXMTradingのホームページからの抜粋です。

「XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。」と明記しています。 日本の金融庁が『勧誘』している例があると注意喚起していることに対して、『XMは勧誘していない』ということを明言しています。 日本に住んでいる日本人向けではなく、海外在住の日本人向けのものだよ、ということですね。

iFOREXのホームページにも以下の記載があります。

iFOREXは日本金融庁に登録のない、海外ブローカーで、本サイト・サービスは主に日本国在住者を対象としておりません。 

日本の金融商品取引業に登録していませんけど、何か問題でも? というのが海外FX業者のスタンスということですね。 日本の金融庁がなんかわめいてる、といったところでしょう。

我々トレーダーのスタンスは

何もFXに限りませんが、日本人が海外に本社がある各種サービスを利用することは個人の自由です。 一言で言えば自己責任ですね。 

海外旅行に行って、現地のホテルに泊まる、現地で食事を取る、観光地を見て周る、いちいち外務省の許可が必要ですか? そんなものいるわけないですよね。 楽しい思い出もなにか怖い思いをしたりしても、それらはすべて個人のものです。

日本ではアダルトビデオにモザイクが施されていますが、海外ではそんな妙なことしている国はありません。モザイク無しのビデオを見たら違法でしょうか? そんなことで違法と言われるわけないですよね。
これらと同じ理屈で、海外FX業者で口座開設したり、取引したとしても法に触れることはありません。 トレーダー側が咎められるような道理(法的根拠)はまったくありません。

なお、損失が出てもそれも自己責任です。出金拒否などのトラブルに遭遇するのもまた自身で対処すべきことです。 もちろん、利益も自身のものであり、そこからきちんと税金を納めるのもまた自己責任でやるべきことです。 海外だから無法地帯ということもなく、それぞれのルールに従うことは必要です。

また、海外FX業者の中には無免許(監督官庁に許可を受けていない)業者もいます。 さすがにそういった業者を利用することにはリスクが伴いますので、その利用も自己責任といえるでしょう。

なぜ、金融庁は注意喚起などしているのか

金融庁は建前として、投資家(一般トレーダー)保護のため、なんて言ってるかもしれませんが、そんなわけありません。

国内FXよりも海外FXがスペックとして優れていることは百も承知。 そのまま放置すると、国内市場からお客(というか資産)が海外に流出してしまうのが分かっているからこそ、海外業者を締め出して国内業者を保護しようとしている、というのが本音でしょう。

金融庁のホームページの言い回しも、注意喚起でしかなく、それら海外業者が違法なんて言ってないわけですね。難癖をつけてるだけ。 国内業者を守ろうとしているパフォーマンスを示しているだけでしょう。金融庁からの天下り先、利権確保など、そういった背景が透けて見えるのが悲しいところ。

金融庁は「投資家(一般トレーダー)の保護」してる振りして、本当は「自分たちの利権の保護」にしか興味がないのです。

まとめ

海外FX業者で取引することは違法ではありません。合法、適法です。問題ありません。 

金融庁はわめいてるだけなので、優しく無視しましょう。

損失も利益も、なにかトラブルがあったとしても、それはすべて自己責任です。 

当ブログで紹介している業者を選んでおけば、無用のトラブルに遭遇することはまずないでしょう、どの業者もおススメできます。

タイトルとURLをコピーしました