ロビンスカップ(Robbins Cup)2020 優勝者はスロバキア人(日本人ではなかった)

日記(雑記)

およそ1年ほど前の2020.2に当ブログで以下の記事を掲載しました。

世界一FXがうまい人は誰なのかを決めるコンテスト 「ロビンスカップ(Robbins Cup)」、毎年開催しており、2020年版にエントリーするための手順を載せた記事でした。

2020年のコンテストは2020/12/31をもって終了しており、最終的な結果が開示されています。

結果発表

コロナの影響はどこへやら、相場の世界は相変わらず盛況です。2020年のロビンスカップの結果が出ています。

World Cup Trading Championship Standings – World Cup Trading Championships World Cup Trading Championships (worldcupchampionships.com)

FX部門の第1位は Jan Smolen (Slovakia) です。 ジャン スモーレン とお読みすればいいのか、スロバキアの方です。利益率は113.9%でした。トップ5に日本人は入っておりませんでした。

当時、エントリー手順を作成した際、日本人が優勝したらいいなぁとぼんやり思ってましたが、さすがにそうはならなかった。

すでに2021年版のエントリーおよびコンテストが始まっています。今年も期待したいと思います。

おまけ

1年ほど前、Twitterの中で「@FXaimin」という方とやりとりしたのがきっかけで、ロビンスカップの手順を作成しました。このアカウントはすでに削除されたようですが、当時は「あいみん」という名前だったようです。オールブルーの取引履歴画像を頻繁にtwitterにあげていて、「最後はあいみんが勝つ」を決まり文句のように使っていました。FX取引にとても自信があったようで、世界一の称号が欲しいからロビンスカップにエントリーしたい、と発言されてました。当ブログの記事も参照されていたようですが、結局、エントリーできたかどうかまでは存じ上げていません。今はどうしているのでしょうね。

FX取引を長く継続されている人、相場ときちんと向き合っている人はおそらく同じ感覚だと思うのですが、オールブルー(全戦全勝)というのはありえません。適度な損切はむしろ必要なことで、トータルでプラスとするのが王道です。

最後に。「ロビン」という言葉を聞いたとき、みなさんが真っ先に思うのは。キン肉マンのロビンマスク、または、ワンピースのニコ・ロビン。世代が出るようです。管理人は40代でして、もちろんキン肉マンの方が真っ先に思い浮かびました。

タイトルとURLをコピーしました