ThreeTrader(スリートレーダー) 実際に使った感想・評価→優良業者、狭スプでおススメです

業者情報

2021年5~6月に日本市場に進出してきた新規業者であるThreeTrader(スリートレーダー)について管理人が実際に使ってみた感想です。

結論:優良業者です。狭スプでおススメできます。

良い点・メリット

実際に使ってみて感じた良い点やメリットを挙げていきます。

1.スプレッド … 極めて狭い

すでにThreeTrader(スリートレーダー)の代名詞になりつつあるのがそのスプレッドの狭さです。

特に狭いと感じるのはGBPUSD(ポンドル)とXAUUSD(ゴールド)です。このスクショでは、ポンドルのスプレッドが0.5pips、なんとUSDJPY(ドル円)を下回る水準です。固定制ではなく変動制なので常にこんなに狭いわけではありませんが、それでも早朝を除き欧州/NY時間になると概ね1.0pips程度で推移しています。海外はもちろん国内FX業者と比較しても明らかに優位と言えるでしょう。

ゴールドの方もこのスクショでは1.3pip、普段も2pips以下で推移しており非常に狭く、良好なトレード環境を提供してくれています。

なお、ThreeTrader(スリートレーダー)ではピュアスプレッド口座とRAW口座の2種類の口座が選択可能です。スクショ画像はピュアスプレッド口座のもの。ピュアの方は取引ごとの手数料は無料で、RAWの方は取引ごとに片道2$/lotの手数料が発生します。

2.ストップレベル … ゼロなので指値が入れやすい

ほとんどの銘柄のストップレベルがゼロとなっています。

GBPUSD(ポンドル)の詳細をスリートレーダーとGemForexで左右で並べてみました。ThreeTrader(スリートレーダー)のストップレベルはゼロ、Gemの方は「26」となっています。よって、Gemの方は現在値から最低でも2.6pip離さないと指値が置けません。その点、スリートレーダーならどこに置いてもok、建値と同値でもok、好きなところに指値が置けます。スキャルやEA稼働時にこのストップレベルは重要で、当然ですがストップレベルはゼロが最良です。

ついでですが、スワップポイントもスリートレーダーの方が優位ですね。ロング、ショートどちらであってもマイナス幅が小さいです。

3.入金 … 手段が豊富、クレジットカード入金もエラーにならない

多彩な入金手段が用意されています。bitwallet、銀行送金、クレジットカード、USDT(テザー)での入金が可能です。

特筆すべきはクレジットカード入金。おおよそ全種類のクレジットカードが通ります。JCB,VISA,Masterいずれのブランドもok。また、信販系、流通系、銀行系いずれの発行元でもokです。

たとえばXMに楽天カードで入金しようとするとエラーとなります(XMではなく、楽天側でフィルタを設けておりそのフィルタ上、海外FX業者への入金がエラーとなる)が、スリートレーダーなら楽天カードで入金可能です。現在ThreeTrader(スリートレーダー)の採用している決済業者であればそのフィルタがすり抜けられるようです。

4.出金 … 手段が豊富しかも早い クレカ入金しても銀行やbitwalletに出金可

bitwallet、銀行送金、クレジットカード、USDT(テザー)への出金が可能です。

管理人が実際にbitwallet、銀行、クレカ返金いずれも試しました。3つともスピーディで問題ありません。

・bitwallet … 1営業日以内に着金(平日の朝に出金申請し、同日の昼過ぎにbitwallet着金)

・国内銀行 … 2営業日後に着金、手数料ゼロ

・クレカ返金 … 1~2週間程度で反映、手数料ゼロ(クレカ会社ごとに反映タイミングはまちまち)

なお、既存の他業者であれば入金時と出金時の手段は同じにするといったルールあるのですが、現在のスリートレーダーのルールはかなり緩やかです。ある程度のルールあるものの、たとえばクレカ入金しても入金額未満ならbitwalletに出金可能など、柔軟な対応が取られています。(まだ洗練されてないだけかもしれませんが、できればこの緩やかなルールのままずっと運行して欲しい。)

(2021.7.24追記)2021年7月26日から出金手数料が発生します。毎月2回までは無料、3回目からは全ての出金方法に関して出金申請額の2.5%が手数料として差し引かれます。たとえば100万出金する場合、2.5万引かれ、97.5万で着金するということです。

(2021.7.31追記)2021年7月26日以降、7月30日までに3回出金しました。最初の2回が国内銀行、3回目がbitwallet。銀行出金時は手数料なし、3回目のbitwallet出金時に2.5%の手数料がきちんと引かれて着金しました。

5.サポート … 日本人が対応、しかも丁寧で早い

海外FXを使う際、様々な場面で不安を覚えることがあり、そういった際にネイティブ日本人サポートがいることは圧倒的な安心感につながります。

スリートレーダーでもきちんと日本人を配置しております。(管理人が確認できた範囲では2名いらっしゃいます。)不明点あればメールで問い合わせでき、きちんと日本語で回答してくれます。(当たり前かもしれませんが)回答は丁寧でスピーディ、申し分ありません。

6.独自のポイントシステムあり

取引量に応じてポイントが付与されます。貯まったポイントはキャッシュバックやiphoneなどと交換が可能です。狭スプの中、さらにポイント還元もあるというのは驚きです。

下表がポイント付与のテーブルです。

取引銘柄付与ポイント(1lotにつき)
FX、貴金属(メタル)10
仮想通貨、指標(インデックス)、原油 1

下表がポイント交換のテーブルです。

アイテム必要ポイント
[キャッシュバック] 10USD 166
[キャッシュバック] 50USD 833
[キャッシュバック]100USD 1,666
[Apple] AirTag 3,333
[Apple] AirPods Max 8,333
[Apple] iphone 12 pro25,000
[Apple] iphone mini11,666
[Dyson] pure cool me 5,000
[Dyson] V15 Complete Pro vacuum16,666
[ゲーミングPC]RAZER BLADE 1533,333

管理人もすでにキャッシュバックを獲得しております。最初に住所登録が必要で、その後、欲しいアイテムを注文。キャッシュバックであれば1営業日後に口座に反映されます。

ざっくりですが、1lotあたり50円相当のポイント還元になります。5分以上のポジション保持といった制約はありません。

(2021.7.24追記)ポイントが貯まってキャッシュバック申請する場合、10USDで小分けに申請した方がお得です。たとえば50USDキャッシュバックする場合、10USDを5回小分けで申請すると166ポイント×5=830ポイント消費。50USDを1回で申請すると833ポイント消費。よって小分けの方が3ポイントお得です。(数百円程度の差ですが覚えておいて損はないと思います。)

悪い点・デメリット

悪い点はそれほどないのですが、あえてあげてみます。

1.実績が不十分(運営歴が短い)

新規業者なのである意味どうしようもないのですが、運営歴が短いため、様々な側面で不安はあります。

突然、日本市場を撤退する可能性もゼロではなく、その際の資金保全はどうなるのか、など枚挙にいとまなし。ただ、こればかりは時間が解決するのを待つしかないでしょう。できれば末永くお付き合いしたい業者です。

2.ボーナスなし

これもデメリットとは思わないですが、一応あげておきます。他社で実施しているような入金額に応じてボーナスが付与されるようなことをスリートレーダーは実施していません。

むしろ、ボーナス提供がないからこそ狭スプの提供が可能なので、個人的には引き続きボーナスなしを継続して欲しいと思っています。

3.出金時に手数料あり

(2021.7.24追記)2021年7月26日から出金手数料が発生します。毎月2回までは無料、3回目からは全ての出金方法に関して出金申請額の2.5%が手数料として差し引かれます。たとえば100万出金する場合、2.5万引かれ、97.5万で着金するということです。 2.5%はかなり大きく、このルール改定は非常に残念です。

たとえばXMは出金額40万以上なら回数問わず無料としています。少額出金を繰り返す輩に対してはこういった規定が有効。数十万、数百万程度の出金をする優良トレーダーが、手数料を嫌ってスリートレーダーを避けるようになるのが残念でなりません。

まとめ

まだ運営歴は短いものの基本的にメリットだらけの優良業者と評価しています。ボーナスに頼らず、純粋に取引するトレーダーにとってはおススメのFX業者と言えます。

今後も管理人自身が取引を行い、なにか気づいた点があれば記事にしたいと思います。

まだThreeTrader(スリートレーダー)の口座を開設していない方は、この機会の開設をおススメします。

タイトルとURLをコピーしました