20200309相場 恐怖指数(VIX指数)、ダウ(アメリカ株価指数)、原油(WTIOIL)、金(GOLD)

日記(雑記)

2020年3月2日(月)-6日(金)の振り返り、そして9日(月)-13(金)のシナリオを考えてみます。

VIX指数

先週に引き続き、恐怖指数(VIX指数)が上昇しています。以下は日足です。

3/6(金)はついに50を超えました。1週間を通して40台で高止まりしている状況です。

さらに、この週末3/7(土)にレバノンが初のデフォルト(債務不履行)を表明。外貨建て国債の支払を延期。

そして、コロナ騒動が収束しないばかりか、3/8(日)にアメリカのニューヨーク州で非常事態の宣言。アメリカでも感染者が増加したことを受けてのもの。

どちらもただちに明確な影響があるわけではないですが、世界的なリスクオフのモードは継続し、暗い雰囲気が継続するのは必至。アメリカの債券利回りも低下する一方なので、今週も恐怖指数(VIX指数)は高止まりを続けるものと考えられます。

ダウ(アメリカ株価指数)

ダウ(アメリカ株価指数)の日足です。

先週は大陽線、大陰線を繰り返して2,000pip級のボラ。 週足で見ると上髭陽線となりました。

以下は1時間足です。3/5(木)が大陰線で、3/6(金)もずるずると大陰線で終わるかと思いきや、最後のアメリカ時間でかなり持ちなおしました。日足では下髭陰線です。

ここからアメリカの株価はどうなるか。

10年以上前のリーマンショックと同等の大暴落に発展する可能性もあるし、このまま横ばい傾向が続く可能性もある。そして、突如としてコロナ収束宣言のようなものがあり、急激に株価回復、ダウもついに3万ドル突破という可能性もゼロではない。

管理人としては、ダウの3万ドル突破というのは極めて現実的な未来だと想定しています。ダウは上がる、それは歴史が証明している。あとはそれがいつ到来するか、です。少なくとも来週ではないですね。早ければ2020年4月中にありえると思っていますが、遅ければ2021年以降ということも十分にありえます。

IG証券で土日のダウ先物(いわゆるサンデーダウ)を見ると大幅に下げています。  https://www.ig.com/uk/indices/markets-indices/weekend-wall-street

3/7(土)21時台の時点では200ドル程度の下落でしたが、3/8(日)でさらに下落しました。22時台で400ドル以上の下落。土日のネガティブ報道が投資家心理に影響を与えたか。

朝までには多少持ち直すでしょうが、先週同様、3/9(月)朝も下に窓を開けて始まることが予想されます。そして、先週同様、3/9(月)の日中はある程度上がりやすいでしょう。午前中くらいまで様子見をして1時間足で陽線3連続となったら買いを入れる、というくらいの感覚です。

先週は月曜から上がるだろう、と考えやすかったたのですが、今週はやや慎重に考えています。それもあって陽線3連続を目安にしています。今週はいよいよ本格的な下落になることも想定しておいた方がよい。

3/9(月)に買いを入れて、ある程度プラスが確保できたら建値にストップロスを置く。そのまま上がれば利益を伸ばす、下落しても建値で終了、という作戦が取れたらラッキーですが果たして。

原油(WTIOIL、オイル)

WTI原油の日足です。

3/6(金)は大陰線となりました。5,000pips級のボラで今年一番の下げとなりました。

当面、世界的な景気減速が予想されることで原油需要が弱まり売り要因。そして、石油輸出国機構(OPEC)とロシアとの協議の決裂で追加減産が見送られたことも売り要因。

3/9(月)は多少の反発はあるものと考えられます。ちょうど1週間前と同じ展開。ただ、それ以降の見通しは難しいです。短期では上昇、中期・長期的には下落と考えられます。

金(GOLD)

金(GOLD)の日足と1時間足です。

3/6(金)の日足だけを見ると小陽線、十字の拮抗状態です。1時間足で見ると、これぞゴールドの値動き、すさまじい乱高下です。

1時間単位で数百pipsの上下を繰り返しています。売りも買いも、耐え切れずに損切にかかった人も多かったのではないでしょうか。

ボラが大きく、乱高下するときこそ、取引量(lot)をおさえて一方向だけのスキャルを繰り返すと安定した利益が確保しやすいです。

3/9(月)以降も引き続きボラのある相場となることが予想されます。安全資産である金への資金集中が今後も続き、値上がり傾向が続くことでしょう。中期・長期的には上昇(買い)。下がったところで丁寧に押し目買いを繰り返すのがおススメです。値ごろ感(そろそろかな)で安易にポジを持つと火傷しますのでご注意。十分に下がって「そろそろ買いかな→待ち」を3回繰り返して、4回目で買うくらいでちょうどいいと思います。

海外FXのススメ

先週に引き続き、いままさにコロナ騒動のせいで(おかげで)、トレーダーとしては10年に一度の大チャンスが到来しています。暴騰、暴落のどちらでも莫大な利益をあげることができる。国内FXではレバレッジの関係で到底実現しえないですが、海外FXならハイレバ取引が可能です。しかも取引資金を引き上げてくれるボーナスも多数用意されています。

チャンスはいきなり到来します。そのときになってあわてないよう、早めの口座開設、資金準備をおススメします。

タイトルとURLをコピーしました