20200810相場 恐怖指数(VIX指数)、ダウ(アメリカ株価指数,US30)、原油先物(WTIOIL)、金(GOLD,XAU)

日記(雑記)

2020年8月3日(月)-8月7日(金)の振り返り、そして8/10(月)以降のシナリオを考えてみます。8/6は広島、8/9は長崎への原爆投下がありました。

恐怖指数(VIX指数)

以下は恐怖指数(VIX指数)の日足です。

・先週の週足…●陰線(始値23.45 高値26.01 安値20.97 終値 22.65)

・先週の振り返り…今週も週足は陰線です。ひげはつけているものの順調に下落(良化)しました。先週の記事で「先週同様、横ばいの週になると思います。大幅な上昇(悪化)も下落(良化)もなく、下方向を伺う展開。下は23、上は28。」と書きましたがこれははずれ。方向性は合っていましたが想定よりも下落(良化)が強くなりました。

・今週のシナリオ…今週も下落(良化)を予想します。といっても急激なものではなく、ゆるやかに下方向に向かう、といったところ。下は18、上は24。8月は夏枯れ相場、商いが細ると言われています。8月の第1週を終えましたが、それほど枯れているとは感じない。ただ、アメリカの雇用統計が8/7(金)に発表され、ひと区切り。欧米勢の夏のバカンスはこれからでしょう。ぼちぼち相場の動きがにぶくなるはず。世界的にコロナの感染拡大は続いているが、同じくらいに世界的にコロナに飽きて慣れてしまっている。8月末までしばらく凪相場が続く。

ダウ(アメリカ株価指数,US30)

ダウ(アメリカ株価指数,US30)の日足です。

・先週の振り返り…週足では大陽線です。こんなにキレイな5連続陽線も珍しい。先週の記事で「 今週は週足で陰線となるでしょう。(中略)上は26700,下は26000。」と書きました。まるっきりはずれました。先週は各社の決算が出そろいました。思ったほどの悪化でないことを確認して上を目指す動きとなりました。

・今週のシナリオ…今週は週足で陽線となるでしょう。雇用統計も済んでやや一服しそうですが、株価はこのまま上昇トレンドを維持すると思います。ちょうど前回高値の27500ドルが目前。あまり足踏みすることなく、じわっと上抜けしそうです。もちろん全戻しのシナリオもありえます。その場合は26300ドルくらいまでの下落も想定されますが、足元に大きな下げ材料はなく、相場は上がる理由を探しています。夏のバカンスが開けたらアメリカの大統領選挙が話題の中心となるでしょうがしばらくは凪相場を想定します。上は28000,下は27000。

土日のダウ先物(サンデーダウ、ウィークエンドダウ) IG証券

IG証券のダウ先物は土日でもレートが表示されます。 週明けの方向性確認に有効です。  https://www.ig.com/uk/indices/markets-indices/weekend-wall-street

18:12 時点で+69.3。この土日はやや上昇ですね。8/10(月)は日本は祝日ですが、ダウは日本時間でもそれなりに動きそうです。じわっと上昇していくのか、急激な下落となるのか、8/10(月)はわりと注目です。

原油先物(WTIOIL、オイル)

WTI原油先物の日足です。

・先週の週足…○陽線(始値40.44 高値43.50 安値39.60 終値 41.53) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足は陽線です。ただ、日足の形としてはトレンド転換しそうな形となりました。3連続陽線のあと、2連続の陰線。節目の41ドル台の突破はすんなりいかず。跳ね返された格好です。先週の記事では「先週同様レンジになります。(中略)抜けるとしたら上方向でしょうがしばらくはレンジ相場が続くと考えています。」と書きました。方向性は合致しています。

・今週のシナリオ…今週は陽線になります。世界的に市場参加者が少なくなる夏のこの時期、大きな値動きも起しやすい。大きく動くなら下方向でしょうが、今週そういった仕掛けの動きは起きづらいと考えます。日足は下落しそうな形ですが、ここから反発してゆっくり上昇していくことを想定します。ロシアや中東の減産により、ひところと比べて値動きが安定。今後はコロナ以前の水準を目指してゆっくり60ドル台を目指すでしょう。

金(GOLD,XAU)

金(GOLD)の日足です。

・先週の週足…○陽線(始値1975.962 高値2075.282 安値1960.540 終値2035.230) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足で大陽線です。先週もすさまじい上昇。週足としてはこれで9連続陽線です。史上最高値を更新しつづけ、2000ドルも突破。ただ、8/7(金)は大きく下落しています。そろそろ切り返すかと思わせるローソク足。先週の記事で「週足では横ばいと考えています。(中略)上昇トレンドは維持しつつも上げ切れずにうろうろ、というのがメインシナリオです。上は2000ドル、下は1920ドル。」と書きましたが、これははずれです。管理人のシナリオも連続ではずしています。もはやテクニカルや過去経験が役に立ちません。

・今週のシナリオ…週足では陽線になります。引き続き上昇を維持。上は2400ドル、下は1960ドル。 中期的には3000ドル,4000ドルも想定していい。お金の投資先として、いまは通貨よりも現物(ゴールド)が優先されています。このトレンドはしばらく続くことでしょう。買っておけばいい、持っておけば上がるという相場。引き続き激しいボラティリティを維持していますので、資金管理にはくれぐれも注意。

タイトルとURLをコピーしました