20201116相場 恐怖指数(VIX指数)、ダウ(アメリカ株価指数,US30)、原油先物(WTIOIL)、金(GOLD,XAU)

日記(雑記)

2020年11月9日(月)-11月13日(金)の振り返り、そして11/16(月)以降のシナリオを考えてみます。

恐怖指数(VIX指数)

以下は恐怖指数(VIX指数)の日足です。

・先週の週足…●陰線(始値24.80 高値27.27 安値22.41 終値23.10)

・先週の振り返り…今週の週足は陰線です。日足では陰線2,陽線3でいったりきたりしましたが最終的には陰線で落ち着きました。先週の記事で「今週は上昇(悪化)を予想します。トランプがしばらく負けを認めずに粘るので、すっきりとしない週になるでしょう。VIX指数としては24台がレンジの底になっています。今週すんなりそれを下抜けすることは考えにくく、いったん下落(良化)しても、再度24台を取り戻す動きになるでしょう。」と書きました。すんなり下抜けしないのはその通りで24台を維持すると思ってましたが思ったより下落(良化)方向に動きました。

・今週のシナリオ…今週は上昇(悪化)を予想します。今週は大きく動くことはなく、様子見/停滞になりそうです。トランプの敗北宣言はまだもう少し先になりそうですし、バイデン新大統領の政策についてもはっきりしたわけではない。コロナ再拡大の兆しがある中、株価は単純な右肩上がりとはなりづらい。VIX指数としては下が22,上は31。トランプ現大統領が何かを仕掛けてきそうで不穏・不気味な印象です。

ダウ(アメリカ株価指数,US30)

ダウ(アメリカ株価指数,US30)の日足です。

・先週の振り返り…週足で陽線です。先週はついに30000ドルの大台にワンタッチしました。史上最高値を更新。そして、その後はセオリーどおりの下落です。先週の記事で「今週は陽線を予想します。さすがに先週のような2000pips級の大きな上昇とはならないでしょうが、下がる理由はない。(後略)」と書きました。概ね合致していたと思います。30000ドルへの上昇が急激でしたので、ある程度は戻しています。

・今週のシナリオ…今週は陰線を予想します。再度30000ドル台にアタックしたいところですが、さすがに上がるほどの燃料がなく、しばらくは下落方向です。28400ドルを割り込んだら反転、買いでエントリーする好ポイントになります。下げながらも反転する機会をうかがうような週になると考えます。押し目買いに優位性ありです。

土日のダウ先物(サンデーダウ、ウィークエンドダウ) IG証券

IG証券のダウ先物は土日でもレートが表示されます。 週明けの方向性確認に有効です。  https://www.ig.com/uk/indices/markets-indices/weekend-wall-street

11/15 18:26 時点で-26.8。ほとんど動きなしですね。月曜は静かな朝となりそうです。

原油先物(WTIOIL、オイル)

WTI原油先物の日足です。

・先週の週足…○陽線(始値37.38 高値43.04 安値37.20 終値40.12) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足は陽線です。先々週と似た動きとなりました。前半はしっかり陽線、後半に足踏みの陰線。ダウと同様、節目となる43ドル台にタッチしてそこからある程度は戻した格好です。先週の記事で「今週は陽線を予想します。コロナ再拡大といったネガティブ材料あるものの、アメリカ大統領の確定を受け、相場は安定。上昇トレンド継続です。30ドル台は買い場、40ドル台の定着が次なるステージになります。上は41ドル、下は36ドル。」と書きました。概ね合致していたと思います。

・今週のシナリオ… 今週は陰線を予想します。上げる材料は乏しく、さりとて下がる材料もさほどない。38ドル~42ドルのレンジでうろうろすると考えます。報道関連で突発下落があるとしたらそろそろではないでしょうか。コロナ再拡大にからめたネガティブ報道を受け。中期的には上昇方向であることは間違いなく、短期的には下落に要警戒。上は43ドル、下は36ドル。良い押し目を探る週になるでしょう。

金(GOLD,XAU)

金(GOLD)の日足です。

・先週の週足…●陰線(始値1951.193 高値1965.572 安値1850.530 終値1889.565) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足で陰線です。11/9(月)の下落はすさまじく、1日で1000pipsを越える値幅でした。ちょうどダウが30000ドルを突破した日であり、かつて言われていたようなダウとゴールドとの逆相関どおり。先週の記事で「週足で陽線になります。さすがに先週の上昇が急激なので一定程度の調整下落は避けられない。ただ、大きく下げるようなことはなく上昇トレンドを維持するのが基本シナリオです。1930ドル台まで下げてからの反転が想定されますが、その反転の強さと日数(期間)がポイントになると思います。今週もまだまだハイボラ相場が続きます。」と書きました。残念ながらはずれです。この下落は想定を超えていました。大統領選あけのタイミング、ロスカットになった人も多かったかもしれません。

・今週のシナリオ…週足で陽線になります。先週11/9(月)の強烈な下落を受け、しばらくはそれを取り戻すための上昇となるのが基本シナリオです。ここ最近は1960ドルから1850ドルのレンジでうろうろ。うろうろといっても、そのレンジが1000pipsを超えて、ボラが半端ないのも事実ですが。レンジの下限や上限に近づいたときは慎重に値動きを見定める必要ありです。経済動向が不透明な中、持っている資金を株に向けるのか、メタルに向けるのか、大きな方向性が出るまではもう少し時間がかかりそうです。

タイトルとURLをコピーしました