20210104相場 恐怖指数(VIX指数)、ダウ(アメリカ株価指数,US30)、原油先物(WTIOIL)、金(GOLD,XAU)

日記(雑記)

2020年12月28日(月)-1月1日(金)の振り返り、そして1/4(月)以降のシナリオを考えてみます。

恐怖指数(VIX指数)

以下は恐怖指数(VIX指数)の日足です。

・先週の週足…○陽線(始値22.10 高値23.72 安値20.99 終値22.75)

・先週の振り返り…週足は陰線です。年末(年始)ということで小動きに終始しました。先週の記事で「今週は上昇(悪化)を予想します。今週は年末(年始)ということで12/28-30の実質3日間となるでしょう。基本的に上昇材料がなく、むしろコロナの拡大、イギリスとEUの協定問題、トランプ現大統領の動向など不穏な要素が多々あり、年末年始に向けて何か一波乱あっても不思議ではありません。VIXとしては先週終値の21を下回るようなことはないでしょう。」と書きました。ほぼ書いた通りの展開となりました。先週、市場としては波乱なく年末(年始)を迎えられています。

・今週のシナリオ…今週は上昇(悪化)を予想します。いよいよ2021年の相場がスタートとなります。今年はカレンダー(曜日)の都合で、世界的に1/4(月)から取引開始です。相変わらずコロナの収束めどは立たず、変異種の登場など不確定な要素が絶えない。バイデン候補もこのまますんなりアメリカ大統領に就任できるのか予断を許さない状況。穏やかな年明けとはならず、いきなり波乱含みで相場が開始となるかもしれません。VIXとしては上が32、下は21。

ダウ(アメリカ株価指数,US30)

ダウ(アメリカ株価指数,US30)の日足です。

・先週の振り返り…週足で陽線です。先週は年末(年始)にかけて激しく上下することはなく、静かに、でも確実に史上最高値を更新しました。クリスマス休暇あけ、そして新年を待つ時期につき、そこまで積極的にトレードすることもなかったでしょうね。 先週の記事で「今週は陽線を予想します。 年末(年始)につき、基本的にあまり相場は動かないでしょう。」と書きました。しっかり予想と合致していました。

・今週のシナリオ…今週は陰線を予想します。年が明けて、ご祝儀相場といきたいところですが、コロナ感染拡大、バイデン新大統領に関する不穏な動きなど、すっきりしない状況が続きます。2020年末にて史上最高値を更新したこともあり、今週は調整下落圧が強まるものと考えています。3万ドルを割り込むことも想定範囲内。1/4(月)日本時間は静観し、ニューヨーク市場の取引開始を待ってからの取引が無難だと思います。

土日のダウ先物(サンデーダウ、ウィークエンドダウ) IG証券

IG証券のダウ先物は土日でもレートが表示されます。 週明けの方向性確認に有効です。  https://www.ig.com/uk/indices/markets-indices/weekend-wall-street

1/3 14:10 時点で-8.8。ほとんど動きなしです。欧米勢も年始はゆっくりしていることでしょう。

原油先物(WTIOIL、オイル)

WTI原油先物の日足です。

・先週の週足…●陰線(始値48.29 高値48.94 安値47.53 終値48.18) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足は陰線です。年末(年始)につき、相場はほとんど動かず。週足の高値と安値の差が2ドル未満にとどまりました。先週の記事で「今週は陽線を予想します。ただ年末(年始)につき、あまり大きく動くことはないでしょう。」と書きました。結果的に陰線ではありましたが、想定どおり狭いレンジに終始し、概況は一致していたと思います。

・今週のシナリオ… 今週は陽線を予想します。オイル市場に関しては、大きく下げるような要素はなく、上昇トレンドで底堅く推移し次の節目の50ドル突破を目指すのが基本シナリオです。上は50ドル、下は46ドル。ただ、株価指数と順相関があるので、株式市場で暴落などが発生すると連れ安になる可能性がある点は要注意です。

金(GOLD,XAU)

金(GOLD)の日足です。

・先週の週足…○陽線(始値1879.555 高値1901.026 安値1869.309 終値1898.391) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足で陽線です。移動平均線は上向きのままきれいな上昇トレンドを維持しています。先週の記事で「週足で陽線になります。年末(年始)につき、いつもよりはボラも控えめになるでしょう。基本的な方向性は上です。コロナなどでリスクオフ相場となる中、引き続きメタルへの資金流入が想定されます。1900ドル台を目指す動きになります。」と書きました。先週1900ドルにタッチしており、なかなか的確な予想だったと思います。

・今週のシナリオ…週足で陰線になります。しばらくは1900ドル台の定着を目指すも突破できず下落する動きが強まりそうです。年始ということもあり、当面は市場の状況見極めをするのが無難です。

つぶやき

・ついに2021年がスタートです。FX業者でもこぞって新年にあやかったキャンペーンを展開しています。通常より優位性のある状況で取引できることが多いので、チャンスあれば積極的に活用していきましょう。

・想定どおり、この年末年始では急激な相場変動は見られませんでした。カレンダー(曜日)の並びによるものと考えています。そして、そんな中でも24時間365日取引可能な仮想通貨(ビットコイン)の上昇が止まりません。1/3時点で1BTC=349万の水準。先週より+64万(20%以上)です。1/2は3,000pipを超える上昇となっており、為替やメタルでもそうそう発生しない急騰。しかも、いまだ大々的に報道されていないので、もうしばらくは上昇が続くものと考えます。もしも取引するのであれば、FXGTをおススメします。そして、円建(BTCJPY)よりドル建(BTCUSD)の方がスプ狭いのでドル建をおススメします。興味ある方は是非トライしてみてください。

・管理人は国内FXより海外FXを推奨しています。両者の違いは以下の過去記事を参照のこと。

新年を迎え、今年こそはFXで利益をあげたい、と考えているトレーダーも多いのでは。もしも、国内FXしか使ったことなければ海外FXもぜひ使ってみてください。GMOクリック証券のCMは女優(新垣結衣)さんを使っています。集客のための投資をするのが国内FX、トレーダーに直接還元するのが海外FXという見方もあります。

・コロナ感染拡大に歯止めがかからない状況を踏まえ、緊急事態宣言を出すべきだ、と年始に知事が政府に迫っています。それ、本当に意味あるのですかね。本質的な問題は、コロナのことがあまりにも知らされてないことでしょう。罹患しても大したことないのに、なぜそれを周知しないのでしょう。風邪やインフルエンザとたいして違いありません。いたずらに不安だけあおり、感染者数だけで一喜一憂。その人数にコロナ以外の感染者数も含まれているのに、真実は隠されたまま情報操作が行われているのに、何も知らない(知ろうとしない)日本人のなんと多いことか。

タイトルとURLをコピーしました