20210111相場 恐怖指数(VIX指数)、ダウ(アメリカ株価指数,US30)、原油先物(WTIOIL)、金(GOLD,XAU)

日記(雑記)

2021年1月4日(月)-1月8日(金)の振り返り、そして1/11(月)以降のシナリオを考えてみます。

恐怖指数(VIX指数)

以下は恐怖指数(VIX指数)の日足です。

・先週の週足…●陰線(始値23.04 高値29.19 安値21.42 終値21.56)

・先週の振り返り…週足は陰線です。2021年最初ということで、年始から上昇(悪化)し、週末にかけて下落(良化)、キレイな行って来いのチャートとなりました。先週の記事で「今週は上昇(悪化)を予想します。(中略) 穏やかな年明けとはならず、いきなり波乱含みで相場が開始となるかもしれません。VIXとしては上が32、下は21。」と書きました。結果的に陰線とはなりましたが、年始から上昇、下のポイント一致など概ね書いた通りの展開だったと思います。

・今週のシナリオ…今週は下落(良化)を予想します。下げ幅はあまりないですが。昨年からの懸案だったアメリカ大統領の就任も無事に終え、バイデン新大統領の誕生が確定しました。民主党によるいわゆるオールブルーも達成され、不安定要素が徐々に取り除かれています。コロナ禍によって全てが史上初で異常な状況が続いているものの、市場とはたくましいものでコロナ禍の世の中に順応しつつあります。今週は異常な環境下での平穏という矛盾をはらんだ状態になると考えます。VIXとしては上が24、下は19。

ダウ(アメリカ株価指数,US30)

ダウ(アメリカ株価指数,US30)の日足です。

・先週の振り返り…週足で陽線です。年始の1/4(月)は大きく下げたものの、そこからは4連続陽線でしっかり上抜けした格好です。 先週の記事で「今週は陰線を予想します。年が明けて、ご祝儀相場といきたいところですが、コロナ感染拡大、バイデン新大統領に関する不穏な動きなど、すっきりしない状況が続きます。2020年末にて史上最高値を更新したこともあり、今週は調整下落圧が強まるものと考えています。」と書きました。年始はやはり下げたものの、それを上回る上昇基調でした。

・今週のシナリオ…今週は陽線を予想します。史上最高値を更新していますが、トレンドは強いままです。バイデン新大統領の誕生も追い風にじりじり右肩上がりを続けるでしょう。巷ではバブルがいつはじけるかを論じている向きもあり、その可能性は否定しないものの、コロナ対策の様々な資金が株式市場に流れているのが紛れもない事実。実体経済と乖離しているのは今更です。ダウは上がるのみです。

土日のダウ先物(サンデーダウ、ウィークエンドダウ) IG証券

IG証券のダウ先物は土日でもレートが表示されます。 週明けの方向性確認に有効です。  https://www.ig.com/uk/indices/markets-indices/weekend-wall-street

1/10 18:26 時点で+6.0。ほとんど動きなしです。この週末は穏やかです。

原油先物(WTIOIL、オイル)

WTI原油先物の日足です。

・先週の週足…〇陽線(始値48.18 高値52.72 安値47.20 終値52.61) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足は陽線です。年始1/4(月)に下げたもの、そこからは4連続陽線です。ダウと同様の値動きで、上昇トレンドが強いままです。先週の記事で「今週は陽線を予想します。オイル市場に関しては、大きく下げるような要素はなく、上昇トレンドで底堅く推移し次の節目の50ドル突破を目指すのが基本シナリオです。」と書きました。しっかり予想が合致していました。節目の50ドルも大きく超えてきています。

・今週のシナリオ… 今週は陽線を予想します。先週の上昇幅が大きかったので多少の戻しはあるものの、右肩上がりでじりじり上昇すると考えます。下がったら買うの押し目買いスタイルに優位性ありです。50ドルを割り込んだら買い場です。現在の情勢は法定通貨(ドル、円、ユーロなど)の価値が薄れ、株、メタル、商品(ゴールド、オイルなど)に資金が傾いているのが明白。この流れに乗るのが吉です。

金(GOLD,XAU)

金(GOLD)の日足です。

・先週の週足…●陰線(始値1898.39 高値1959.40 安値1828.27 終値1849.21) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足で陰線です。これぞゴールドといった殺人的な動きでした。週足で見ると高値と安値の差が1000pipを超えています。1/8(金)だけ見ても700pi超。爆益をあげた人、ロスカットした人、両者一定数いたものと思われます。先週の記事で「週足で陰線になります。しばらくは1900ドル台の定着を目指すも突破できず下落する動きが強まりそうです。年始ということもあり、当面は市場の状況見極めをするのが無難です。」と書きました。下げ幅が尋常でなかったものの方向性はぴったり一致していました。

・今週のシナリオ…週足で陽線になります。このまま続落は考えづらく、今週どこかで反転します。1820ドル付近で反転するのが標準シナリオ、そこで反転できたら買い目線に切り替えてよいでしょう。1800ドルを割り込むことがあれば静観、落ちたナイフを拾うことないようきちんと見極めましょう。

つぶやき

・アキシオリー、iFOREXをはじめとして年始ということで色々なキャンペーンを展開しているFX業者が多いです。通常より優位性のある状況で取引できることが多いので、チャンスあれば積極的に活用していきましょう。当ブログでも随時紹介していきます。

・この年末年始は2019年1月3日に発生したような相場急変は見られませんでした。想定範囲内です。その一方で仮想通貨(ビットコイン)の上昇がすさまじく想定を超えています。1/10時点で1BTC=425万の水準。先週より+76万(20%以上)です。間違いなく利益獲得のチャンスですが、おススメのFXGTもいまやスプ拡大しており、レバレッジかけて取引するのが難しくなりつつあります。他業者も開拓(情報収集)してみます。

・ついに日本でも二回目の緊急事態宣言が出されました。後手後手の中途半端きわまりない対応ですね。飲み屋の終了時間を繰り下げて酔っ払いを排除、それに実効性があると思っているならおめでたい限りです。やるべきことは情報開示。風邪やインフルエンザとの違いが何なのか、なぜ世界中でこれほどまでに恐れているのか、それを教えてあげるのが政府のやるべきことです。

タイトルとURLをコピーしました