20210118相場 恐怖指数(VIX指数)、ダウ(アメリカ株価指数,US30)、原油先物(WTIOIL)、金(GOLD,XAU)

日記(雑記)

2021年1月11日(月)-1月15日(金)の振り返り、そして1/18(月)以降のシナリオを考えてみます。

恐怖指数(VIX指数)

以下は恐怖指数(VIX指数)の日足です。

・先週の週足…〇陽線(始値23.23 高値25.80 安値21.66 終値24.34)

・先週の振り返り…週足は陽線です。高値と安値の幅が3ポイント未満で小動きの週となりました。先週の記事で「今週は下落(良化)を予想します。(中略)今週は異常な環境下での平穏という矛盾をはらんだ状態になると考えます。VIXとしては上が24、下は19。」と書きました。週足は陽線でしたが、さほど上昇(悪化)せず、さりとて大きく下落(良化)もせず。平穏という意味では予想どおりだったかもしれません。

・今週のシナリオ…今週は下落(良化)を予想します。今週1/20にいよいよバイデン新大統領の就任式となります。その前後で相場が大きく動く可能性はあり、一時的な急騰(悪化)が想定されます。とはいえ、コロナ禍のこの情勢においてこれ以上の悪化も想定しづらく、むしろ無理やりにでも景気を上向かせる力が働き、結果VIX指数が下落(良化)というのが標準シナリオ。上が28、下は21。

ダウ(アメリカ株価指数,US30)

ダウ(アメリカ株価指数,US30)の日足です。

・先週の振り返り…週足で陰線です。14(木)までは底堅い動きを見せていましたが、 15(金)に大きく下げています。 先週の記事で「今週は陽線を予想します。史上最高値を更新していますが、トレンドは強いままです。バイデン新大統領の誕生も追い風にじりじり右肩上がりを続けるでしょう。(後略) 」と書きました。14(木)までは順調でしたが残念。ただ、それでも3万ドルを割り込むには程遠く、あくまで調整下落と捉えています。

・今週のシナリオ…今週は陽線を予想します。多少の下落は避けられないとしても30500ドル付近でサポートされ反転となればそこが良い押し目買いポイントになります。なお、1/20の大統領就任式前後では相場が大きく動く可能性があるのでそこは要注意です。バイデン新大統領の政策にもちろん注目は集まるでしょうが、このコロナ禍の状況でいたずらに市場に冷や水を浴びせるような政策を投じることは考えづらい。現在の上昇トレンドは肯定され続けるでしょう。長期的には4万ドル、5万ドル台も十分に想定範囲。ダウは上がるのみです。

土日のダウ先物(サンデーダウ、ウィークエンドダウ) IG証券

IG証券のダウ先物は土日でもレートが表示されます。 週明けの方向性確認に有効です。  https://www.ig.com/uk/indices/markets-indices/weekend-wall-street

1/17 15:28 時点で-45.1。休日の100pips以内の動きは誤差の範囲内と捉えて差し支えないです。むしろ押し目買いにはちょうどいいかもしれません。

原油先物(WTIOIL、オイル)

WTI原油先物の日足です。

・先週の週足…●陰線(始値52.61 高値53.90 安値51.53 終値52.11) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足は陰線です。ダウ同様1/14(木)まで底堅く上昇トレンドを維持し、1/15(金)に大きく下げました。先週の記事で「今週は陽線を予想します。先週の上昇幅が大きかったので多少の戻しはあるものの、右肩上がりでじりじり上昇すると考えます。(後略)」と書きました。14(木)までは書いた通りの展開でした。最後15(金)だけ残念。節目の50ドルを割り込むようなことはなく、先週までの上昇が急だったことによる調整下落と考えています。

・今週のシナリオ… 今週は陽線を予想します。バイデン大統領の就任式前後で大きく上下する可能性がありますが、そこを注意しながら押し目買いポイントを探るのが良いです。50ドルを割り込んだら良い買い場ですが、押し目待ちに押し目なしで、じりじり右肩上がりとなることも。法定通貨(ドル、円、ユーロなど)の上下に翻弄されるより、株や商品(オイルなど)などの上昇基調のものに資金投入するのがベターです。上は55ドル、下は50ドル。

金(GOLD,XAU)

金(GOLD)の日足です。

・先週の週足…●陰線(始値1849.21 高値1863.87 安値1817.16 終値1828.58) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足で陰線です。引き続きボラが高いですね。先週の記事で「 週足で陽線になります。このまま続落は考えづらく、今週どこかで反転します。1820ドル付近で反転するのが標準シナリオ、そこで反転できたら買い目線に切り替えてよいでしょう。1800ドルを割り込むことがあれば静観、落ちたナイフを拾うことないようきちんと見極めましょう。」と書きました。陰線とはなったのですが、なかなか的確な予想だったと思います。1/11(月)の下落はちょうど1820ドルで下げどまってそこから反転、1/14(木)まで上昇基調となっています。15(金)は下げたものの、それでも1820手前で下げどまっています。

・今週のシナリオ…週足で陰線になります。チャートの形からすると続落するのが自然です。先月まではメタルの買い意欲が旺盛で上昇基調にあったものの、そろそろ転換点が訪れているかもしれません。おりしもバイデン大統領の誕生というタイミングでもあるので、今週は様子見が良いでしょう。大きく動く週になるかもしれません。

つぶやき

・GemForexの入金ボーナスがリニューアル。これまでは当選・落選の抽選方式でしたが、これからは全員当選とし、ボーナス付与割合が2~1,000%の範囲内になるとのこと。1,000%になるのは特殊なトレーダーで、大多数は2%の方に偏るような気も。そうはいっても業界初の方式かとは思いますので、注目してみたいと思います。

・仮想通貨(ビットコイン)の上昇は一服。1/17時点で1BTC=368万の水準、先週より-57万です。FXGTもスプ拡大が落ち着き、おススメできる水準となりました。土日も取引可能という点にメリットを感じるのであればトライしてみてもいいと思います。ボラがかなり大きく、チャンスは多いです。

・緊急事態宣言が出されたものの、感染者数は一向に減らず。中途半端な宣言でさもありなん、というところです。そんなことよりインフルエンザとの比較などをして、コロナになんの脅威もないことを示した方がよっぽど有意義。コロナ対策のパフォーマンスに付き合うのにいよいよ疲弊しています。安部首相の頃を上回る最低の税金の使い方ですね。

タイトルとURLをコピーしました