20210517相場 ビットコイン(BTC)、ダウ(US30)、原油(WTIOIL)、金(GOLD,XAU)

日記(雑記)

2021年5月10日(月)-5月14日(金)の振り返り、そして5/17(月)以降のシナリオを考えてみます。

ビットコイン(BTC)

以下はビットコイン(BTCUSD)の日足です。

・現在値…48,995 USD/BTC(5/16 17:22) 前週比 ▲9130

・概況…先週までは6万ドル付近で底堅く推移していましたが、5/12に巨大陰線、一気に5万ドルを割り込み、さらに下方向をうかがうチャートになりました。先週の記事で「引き続き買い優位です。ただ、日足をボリバンで見たときそろそろ+2σに到達しますので、ぼちぼち急落警戒。5万ドル割れたら安心して買ってok。」と書きました。まさに書いた通りの急落です。ボリバン-2σで下ひげをつけています。

・今週のシナリオ…絶好の押し目到来です。日足ボリバン-2σまできていますので買いの絶好機。47900ドル付近から買いで入りましょう。管理人のBTC専用口座も引き続き残高が増えている状態です。イージー相場です。

ダウ(アメリカ株価指数、US30)

ダウ(アメリカ株価指数、US30)の日足です。

・先週の振り返り…週足で陰線(●)です。極めてボラの高い週となりました。5/10に節目の35000ドルにタッチして史上最高値を更新、と思いきや、そこからは急落。33200ドル付近まで2000pip近く下げたのち、34400まで反発。初心者泣かせの相場だったかもしれません。先週の記事で「今週は陽線(○)を予想します。「セルインメイ」のアノマリーは気になりつつもチャートの形は上昇を示しています。早晩35000ドル到達が視野に。しばらくは横横のレンジを形成し、さらに上を目指すのが標準シナリオです。」と書きました。まさしく35000ドルに到達。しかしながら、その水準が維持できず陰線でひけることとなりました。

・今週のシナリオ…今週は陰線(●)を予想します。直近高値の35000、直近安値の33200ドル、現在34400ということで、フィボの61.8戻しを達成しています。ここからさらに上昇して全戻しすることは考えづらく、ここからズルズル下落するのが標準シナリオです。再度33200ドル付近まで下げるでしょう。

土日のダウ先物(サンデーダウ、ウィークエンドダウ) IG証券

IG証券のダウ先物は土日でもレートが表示されます。 週明けの方向性確認に有効です。  https://www.ig.com/uk/indices/markets-indices/weekend-wall-street

5/16 17:26 時点で-21.0。ほとんど動きなしです。5/17(月)朝は静かなスタートになるでしょう。

原油先物(WTIOIL、オイル)

WTI原油先物の日足です。

・先週の週足…○陽線(始値64.83 高値66.60 安値63.12 終値65.46) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足は陽線(○)です。上下に激しくボラティリティの高い週となりました。先週の記事で「今週は陰線(●)を予想します。チャートの形は足踏み相場を示しています。しばらく横ばい、そこから上値を切り下げて少しずつ下落しそうです。62ドル台に抵抗があるので、そこを下抜けできるかどうかです。」と書きました。62ドル台を下抜けできず。この予想はハズレです。

・今週のシナリオ… 今週は陰線(●)を予想します。今週も62ドル台の下抜けにトライするはず。先週は反転してしまいましたが、再度下方向を目指すでしょう。インドのコロナ拡大が深刻で原油先物は下落傾向を強めています。久しぶりに大き目の下落があるかもしれません。

金(GOLD,XAU)

金(GOLD)の日足です。

・先週の週足…〇陽線(始値1831.35 高値1846.29 安値1808.86 終値1843.16) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足で陽線(〇)です。先週から完全に上昇トレンドに転換しています。しばらくは1800ドルを割り込むことはないでしょう。先週の記事で「週足で陽線(○)になります。ドルが弱いとゴールドが買われます。5/7(金)の雇用統計を受け、潮目が変わったか。長期金利も低下傾向、ドルが弱まりつつある。メタルへの資金回帰となっています。先週までは下落想定でしたが、目線を切り替えておきます。」と書きました。予想どおりの動きになったと思います。

・今週のシナリオ…週足で陽線(〇)になります。当面1810~1848のレンジで動くと思いますが、そのうち上方向に抜けていくものと思われます。ダウも弱く、ドルも弱い。長期金利も上がらない。結果的にゴールドが買われることになるでしょう。1810ドル台までの下落を待っての押し目買いが優位性ありです。

つぶやき

・テレビを見なくなりました。朝、時間や天気予報を確認するために点けているくらい。1人1台のスマホが当たり前になり、自宅にWi-Fiを引いていると通信量を気にせず好きなものをいくらでも見ることができる。昭和、平成のあの頃と比べると確実に変化していると思うのです。安定した職業の代表だった銀行員、華やかなテレビ業界も斜陽産業の代表格になりつつある。相場も目まぐるしく動きますし、時代もどんどん変わる。うまく乗りこなすことが必要なのでしょう。1つの手法にしがみつくのも正解とは限りません。

タイトルとURLをコピーしました