20210614相場 ビットコイン(BTC)、ダウ(US30)、原油(WTIOIL)、金(GOLD,XAU)

日記(雑記)

2021年6月7日(月)-6月11日(金)の振り返り、そして6/14(月)以降のシナリオを考えてみます。

ビットコイン(BTC)

以下はビットコイン(BTCUSD)の日足です。

・現在値…35,378 USD/BTC(6/13 16:37) 前週比 ▲656

・概況…ここ2週間ほどビットコインとは思えないほどにボラが低下中。狭いレンジでの小動きに終始しています。嵐の前の静けさ、急落または急騰への前触れでしょう。世界の要人たちも発言を控えているのか、発言してもスルーされているのか、いずれにしても無風の日々。分からないときは触らない。相場の鉄則に従い、様子見が吉です。

・今週のシナリオ…長期的には上昇するしかない仮想通貨ですが、今週どうなるかというとそれは分からない。大きく下落することも想定範囲内です。ここから単純に上昇反転してもおもしろくないので、いったんは大きく下げるでしょうね。ひげになるかもしれません。ひとまず3万ドルは節目でしょうが、そこで反転すると考えるのはまだ早い。2万ドル割れを意識しながらも、大きく下落したら買い、を繰り返していけば口座残高は増えていきます。

ダウ(アメリカ株価指数、US30)

ダウ(アメリカ株価指数、US30)の日足です。

・先週の振り返り…週足で陰線(●)です。上ひげを付けながら日足で5日連続の陰線となりました。ちょうど日足の移動平均線まで落ちてきています。先週の記事で「今週は陰線(●)を予想します。そろそろ35000ドル突破を視野に入れながらも上抜け失敗。ただ、大きく下げることはなく34000ドル付近が抵抗になって支えられる。」と書きました。緩やかな下落トレンドを想定していましたがその通りの値動きになったと思います。

・今週のシナリオ…今週は陽線(○)を予想します。下げても340000ドル付近が抵抗になります、押し目買いしやすいイージー相場です。下がったら買う、を愚直に繰り返すことで残高は増えていくでしょう。G7にかこつけた仕掛けがあるかもしれませんね。各国そろってコロナからの復活を演出しており、アメリカがその筆頭です。オリンピックのことなんてアウトオブ眼中です。

土日のダウ先物(サンデーダウ、ウィークエンドダウ) IG証券

IG証券のダウ先物は土日でもレートが表示されます。 週明けの方向性確認に有効です。  https://www.ig.com/uk/indices/markets-indices/weekend-wall-street

6/13 16:39 時点で+2.0。ほぼ動きなし、陽線は久々。6/14(月)朝は静かなスタートになるでしょう。

原油先物(WTIOIL、オイル)

WTI原油先物の日足です。

・先週の週足…〇陽線(始値69.38 高値71.21 安値68.49 終値70.79) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足は陽線(〇)です。原油、強し。日足はボリバンの+1σ以上をキープしており上昇トレンドが維持されています。先週の記事で「今週は陰線(●)を予想します。そろそろ節目の70ドルが意識されるラインとなります。上昇してワンタッチしつつも、勢い続かず下落というのが基本シナリオになると考えます。」と書きました。まさに書いた通り70ドルにタッチ、いったん下落したところまではシナリオ通りでしたが、さらに反発上昇して下落を否定しています。

・今週のシナリオ… 今週は陽線(○)を予想します。節目の70ドルを上抜けして底固めなるか、というところ。最近のロシアの報道、石油取引でドル決済をやめ、ユーロなどで決済、すなわち米ドル離れの明言がありました。そこに引きづられ石油価格の乱高下には要警戒です。とりあえずガソリン価格は上昇間違いなしです。

金(GOLD,XAU)

金(GOLD)の日足です。

・先週の週足…●陰線(始値1891.39 高値1903.93 安値1869.94 終値1877.82) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足で陰線(●)です。上昇一服、レンジのままで終わるかと思いきや6/11(金)に大きく下げて今週はひけました。先週の記事で「週足で陽線(〇)になります。6/3に大幅下落するも6/4の上昇でトレンド転換を否定しており、まだ上昇トレンドは維持されています。日足の移動平均線にあたる1872ドル付近まで引き付けてからの買いに優位性ありです。」と書きました。1872ドル付近での反発は概ね合致していたものの、その後上昇反発しきれず、というところです。

・今週のシナリオ…週足で陰線(●)になります。先日からドル買いの勢いが増しており、アメリカの長期金利も低下傾向にあります。ゴールドに集まっていた資金も少し弱まりつつあるようで、ある程度の下落は織り込まないといけないでしょう。チャートの形からすると、下落するときは一気に崩れそうです。資金管理に要注意。

つぶやき

・G7に含まれる国を7つすべて答えよ、という問題にどれだけの日本人が満点を取れるでしょう。WHOもそうですが、国際的な枠組みというのはあまり意味をなさなくなってきています。突き詰めるとアメリカと中国、そしてEUという2大大国プラスヨーロッパが世界のルールを決めているといって過言ではないでしょう。残念ながら日本はその舞台から降ろされてしまいました。「もと先進国」という響きがよく似合います。無理に上を目指すことなく、立場に見合ったプレゼンスを貫けばよく、そろそろアメリカ頼みの姿勢も見直していいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました