20210705相場 ビットコイン(BTC)、ダウ(US30)、原油(WTIOIL)、金(GOLD,XAU)

日記(雑記)

2021年6月28日(月)-7月2日(金)の振り返り、そして7/5(月)以降のシナリオを考えてみます。

ビットコイン(BTC)

以下はビットコイン(BTCUSD)の日足です。

・現在値…35,550 USD/BTC(7/4 17:42) 前週比 +2168

・概況…前週から変わらず、静かな値動きが続いています。強烈な下落や急騰ということはなく、上に下にとレンジを形成しています。先週は「先週同様の値動きが続きそうです。ゆくゆくは上昇すること間違いなしとはいえ、それまではしめっぽい動きが続くことでしょう。」と書きましたが、書いた通りの展開になったと思います。

・今週のシナリオ…引き続きレンジの中で小動きが続くでしょう。要人発言がない限りは大きく動かない。エントリーするなら大きく下がったときに買いです。相変わらず管理人の残高は順調に増えています。オールブルー。

ダウ(アメリカ株価指数、US30)

ダウ(アメリカ株価指数、US30)の日足です。

・先週の振り返り…週足で陽線(○)です。月足確定、7/2(金)雇用統計というイベントの多い週でしたが結果的に底堅い値動きとなりました。先週の記事で「今週は陽線(○)を予想します。上昇トレンドが継続し、日足のチャートとしても上方向に上昇余地があります。チャートは上げやすい形となりました。下は34,2000、上は34,800でレンジを形成しながら、上方向35,000ドル突破を目指すのが標準シナリオです。」と書きました。なかなか的確な予想だったと思います。

今週のシナリオ…今週は陰線(●)を予想します。上昇トレンドは継続しているものの、このまますんなり上げるのは考えづらい。アメリカにおけるコロナ情勢、経済情勢ともに小康状態を保っていますが、そろそろネガティブな報道がなされておかしくありません。引き続き下は34,2000、上は34,800のレンジを形成しながら、35,000ドル突破を目指すも上抜けできず、というのが標準シナリオです。

土日のダウ先物(サンデーダウ、ウィークエンドダウ) IG証券

IG証券のダウ先物は土日でもレートが表示されます。 週明けの方向性確認に有効です。  https://www.ig.com/uk/indices/markets-indices/weekend-wall-street

7/4 17:42 時点で-7.4。小動きですね。7/5(月)は静かな朝となるでしょう。

原油先物(WTIOIL、オイル)

WTI原油先物の日足です。

・先週の週足…〇陽線(始値73.97 高値76.20 安値72.00 終値75.10) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足は陽線(〇)です。引き続き上昇トレンドが続いており右肩上がりのチャートになりました。先週の記事で「今週は陽線(○)を予想します。引き続き緩やかな上昇トレンドが維持されるでしょう。世界的にはコロナ禍が少しずつ解消され、経済活動が正常化しつつあります。その中で原油需要も底堅いものがあり、当面は大きく崩れることはないでしょう。買い一択。 」と書きました。的確な予想だったと思います。

・今週のシナリオ… 今週は陰線(●)を予想します。上昇トレンドは維持されるものの、そろそろ調整下落が伴うタイミングです。73ドル付近までの下落が想定されます。ただ、長期的には上昇しますので、今週の下落はあくまで一時的なものになります。大きく下げたら買う、というオーソドックスな手法が無難です。

金(GOLD,XAU)

金(GOLD)の日足です。

・先週の週足…○陽線(始値1781.64 高値1795.10 安値1750.74 終値1787.45) ※チャート広場より。

・先週の振り返り…週足で陽線(○)です。ドル高の流れが続いてましたが、6/30(金)から状況が変わり、ドル安、ゴールド高に転換しています。先週の記事で「週足で陰線(●)になります。まだ上昇トレンドに転換しておらず、いまだ下げ圧力が強いままです。少し日数はかかると思いますが、今後大きく下落することを見込んでいいでしょう。日足でヘッドアンドショルダーを形成しつつあります。当面はドル高、円安、ゴールド安の傾向が続きます。」と書きました。この予想はハズレです。

・今週のシナリオ…週足で陽線(○)になります。そろそろ上昇トレンドに転換しそうですが、しばらくはウロウロしそうな状況。ここのところユーロは弱いのですが、ドルの強弱、そしてゴールドの強弱がオセロのようにめまぐるしく変わっています。逆にレンジ形成しやすい状況ですので、スキャルで細かく利確するのには向いているでしょう。当面は小動きに終始しそうです。

つぶやき

・長雨の影響からか熱海で土石流が発生し、甚大な被害となっています。以前と比べると自然災害が発生しやすくなっており、間違いなく地球の気候が変動しつつあるのでしょう。日本の人口も完全に減少に転じていますし、今後はどこに住むかが大切になります。都心に集中する理由は薄れ、かといって過疎化が進む地方にも永住はしづらく、自然災害に強く社会インフラが整っているような中規模都市が好まれることになるでしょう。

・これからも日本市場に進出するFX業者が出てくるでしょうが、後発組はなんらかの優位性(武器)を携える必要があるでしょうね。ボーナス提供もよし、良好な取引環境を提供するもよし。古参の業者と対峙して、乗り換えもらうためにはなにかしらの魅力が不可欠です。一方で従来からの業者もその立場に安穏とせず、選ばれるための努力を惜しんではならない。そうして市場に競争原理が働くことで良好な取引環境が維持され、みなwin-winとなることが理想。これからも魅力あふれる業者の登場に期待したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました