ロビンスカップ(Robbins Cup) エントリー手順

日記(雑記)

そもそもロビンスカップとは

「ロビンスカップ」とは世界有数の知名度を誇るリアルマネーによるトレードコンテストである。正式名称は「World Cup Trading Championships」(略称はWTC、通称がロビンスカップ)。
スポーツであれ、ビジネスであれ、どんなものでも「世界一」を決めたがる人はいるもの。(サッカーで言えばワールドカップのようなもの。)30年以上もの歴史があり、FXトレーダーであれば聞いたことある人も多いのではないでしょうか。ちなみに日本でも過去何度か開催されています。優勝すると「世界で一番FXが上手い」という称号が与えられるということになります。

ロビンスカップのルール(順位はどうやって決まるのか)

ルールはこちらにあります。→ https://www.worldcupchampionships.com/rules

すごくざっくり言うと以下です。

  • 期間は2020年1月1日から2020年12月31日までの1年間
  • 初回の最低入金額は5,000ドル、途中入金も可
  • 12月31日時点で、出金額(累積)÷入金額(累積)により、利益率の高さで順位を決定

よって、55万円ほどあればエントリー可能。利益率で判定するから、誰にでも優勝できるチャンスがあるし、年始(1月)にエントリーできず遅れてエントリーしても十分に勝負できる、ということになります。

(2021/2/7 追記) 2020年の優勝者が決まりました。以下記事を参照ください。

エントリー手順(概要)

ロビンスカップにエントリーするには「①ATCというFX業者で口座開設」「②大会への申請書提出」という2段階のプロセスを踏む必要があります。
すべて英語ということもあり、口座開設も申請書の提出もなかなか大変で心が折れそうになりますが世界一の称号を得るために、まずはエントリーをやりきりましょう。 以下が公式ページです。

https://www.worldcupchampionships.com/2020-world-cup-trading-championships

日本からのエントリーとなるので、アメリカ(US)、イギリス(UK)以外の居住者である
「ALL Non-US Residents」タブを選びます。(以下の赤マルです) その後、「①ATCというFX業者で口座開設」するために「MetaTrader Platform」から進み、それが済んだら「②大会への申請書提出」するために「Entry Agreement」から進みます。(以下の青ワクです) 詳細は後述。

エントリー手順(詳細)

①基本情報の入力

まずは基本情報を入力します。

  • 国 … 「Japan」
  • アカウント登録 … 「Individual Account(個人)」
  • 通貨 … 「USD」「EUR」 ※日本円はありません。
  • プラットフォーム … 「MT4」
  • 初回預入金 … 最低5,000ドル(またはユーロ) ※実際に入金する金額と差異あってもok。

すべて入力したら「Start Application」を押して進みます。

②個人情報の入力

続いて個人情報を入力します。

  • Title(敬称) … 「Mr.(ミスター)」「Mrs.(ミセス;既婚)」「Ms.(ミズ;女性全般)」「Miss(ミス;未婚 )」「Dr.(ドクター)」
  • 名前 … First Name=名、Surname=姓 ※Middle Nameはブランクでok
  • Country of Citizenship(国籍) … 「Japan」

③連絡先の入力

続いて連絡先(住所、電話、メールアドレス)を入力します。

  • Residential address … 現在の住所
  • Previous Residential address … 前の住所 ※現在と同じでok
  • Time in current address(Years) … 現住所に住んでいる年数
  • Time in current address(Months) … 現住所に住んでいる月数
  • postal code … 郵便番号 ※ハイフン不要
  • Telephone Number … 固定電話 ※携帯でok
  • Mobile Number … 携帯電話  ※未記入でok

すべて入力したら「Next Step」を押して進みます。

④学歴、雇用情報の入力

続いて学歴と雇用情報を入力します。

  • 学歴 … 「Sixth Form(High School)高卒以下」「University(大学以上)」
  • 学位 … 「bachelor(学士)」「Master(修士)」 ※高卒以下なら「none(無し)」でok
  • 資格 … 「none(無し)」でok
  • Please give ~ (投資関連の資格やレーニングの経験) … 「none(無し)」でok
  • 就労状況 … 「Employed(雇用)」「Self-Employed(自営)」「Retired(退職後)」「Unemployed(無職)」「Student(学生)」
  • 収入源 … 「Savings(貯蓄)」

このステップは入力内容(選択肢)により、入力が必要な項目と不要な項目が変動します。自分の状況に合わせ、翻訳しながら適当なものを選択してください。

すべて入力したら「Next Step」を押して進みます。

⑤投資経験の入力

続いて投資経験を入力します。

「securities(証券)」「options(オプション)」「futures(先物)」「commodities(商品)」「currencies(通貨)」「CFD」のそれぞれについて、経験年数、頻度、取引量を選択します。

あとは以下3つの質問にYes/Noで回答します。

  • 過去12か月間、四半期ごとに平均10回、関連市場で取引を実行しましたか?
  • 金融サービス部門で、投資に関連する取引やサービスの知識を必要とする専門職で少なくとも1年間働いていますか? 「はい」の場合、会社名、役職、関連する役割を果たした日付、投資の種類などの詳細をお知らせください。
  • ATCデモアカウントを使用したかどうかを確認してください(使用している場合は、このデモアカウントへのアクセスに使用した電子メールアドレスやデモアカウント番号を確認してください)

⑥財務情報の入力

続いて財務情報を入力します。

「Total Annual Income(年収)」「Net Worth(純資産)」「Liquid Assets(流動性資産)」の金額をドル(またはユーロ)換算して選択します。

あとは以下5つの質問にYes/Noで回答します。

  • 過去10年以内に破産を宣言したことはありますか?
  • ATCのアカウントを現在持っている、または、持っていたことはありますか?はいの場合、アカウント番号を入力してください。
  • ATC Brokersの役員、取締役、従業員、または関係者に知り合いはいますか?
  • 現金やその他の金融商品を含む、少なくとも50万ユーロの個人資産ポートフォリオをお持ちですか?
  • この口座はあなた以外の誰かによって取引されますか?

ちなみに6つ目の質問は回答不要です。「ロビンスカップによる紹介で口座を開く」という項目になります。

すべて入力したら「Next Step」を押して進みます。

⑦手数料の確認

続いて、手数料に関する内容が記載されています。

内容を確認して問題なければレ点をして「Next Step」を押して進みます。

⑧セキュリティの設定

続いて、パスワード等を設定します。

翻訳した結果は以下のかぎカッコの通りです。

「任意の数字4桁(PIN)を設定します。
トレードデスクに電話で注文するため、パスワードをリセットするため、およびアカウント関連のクエリのIDを確立するために使用されます。」

「パスワードを設定します。(大文字1文字、小文字1文字、数字1文字を含む8文字)
Mt4および当社ウェブサイトのMyAccountセクションへのログインに使用されます。」

「身分証明、住所証明のドキュメントのアップロードが可能です。(ファイルサイズは10MB以内)
明確で読みやすいドキュメントをアップロードしてください。」
ですが、この時点では、まだアップロードしなくてもokです。後日の送付となります。

最後は規約への同意です。内容を確認して問題なければレ点をして「Review」を押して進みます。

⑨入力内容の確認

これまで入力(選択)してきた内容を確認する画面が表示されます。

1つ目のレ点は「上記の情報が正しいことを受け入れ、前述のすべての条件に同意します。」という意味です。問題なければレ点をして「Submit Application」を押します。

⑩口座開設可否の表示

これまで入力してきた内容をもとに口座開設の可否が表示されます。

色々と記載ありますが、要約すると「口座開設をお勧めしません。ですが、それでも口座開設したい場合は「I accept」を押してください。24時間後にまた連絡します。」となります。

前画面までの入力内容(資産や投資経験など)をもとに判断するに、リスクが高いと判断されたようです。ここで引き下がるもよしですし、そのまま強行突破してももちろんokです。

口座開設する場合は、強気に(笑)「I accept」を押して進めばokです。

⑪税金情報の入力

続いて税金情報を入力します。

セクション1の入力項目は1つだけです。
「Place and Country of Birth(出生地と出身国)」には都道府県(たとえば Chiba)と日本(Japan)をブランクではさんで入力すればokです。

セクション2はラジオボタン3つ目を選択します。「税務上、米国市民または米国居住者ではない」を意味します。

セクション3で米国以外の税務申告をします。日本であればマイナンバーとなりますので、左から「Japan」「my number」「マイナンバー番号」を入力します。マイナンバーの英訳はいくつかありますが(individual,personal,tax-ID…)、実質的には番号だけが必要になると思われますので、「my number」でokです。

セクション4は記載内容に不備はないという宣言となります。問題なければレ点をして「Submit Application~」を押します。

最後にFATCA等に関する念押し確認が入ります。確認して「Submit without Tax ID」を押します。 (このボタンは押してから次の画面が表示されるまで少し時間がかかります)

「Thank You」から始まる画面が表示されます。登録ありがとうございましたといった内容です。同時にメールも届いていると思います。(まだ終わりではありません)

⑫入力内容の不備対応

登録の翌日(1営業日後)には追加書類の送付を依頼するメールがATC側から届きます。その際、web画面で入力した内容に不備(矛盾)があると、合わせて連絡がきます。画像つきでどこがおかしいかを指摘してくれるので、その内容を確認して修正しましょう。

⑬書類の提出

あとは以下2つの書類を画像にして「accounts@atcbrokers.com」に送れば完了です。

・写真付き身分証明書(運転免許証、パスポート、国民IDカードなど)
・3か月以内の日付の口座申請書に記載されている住所の証明
 (公共料金の請求書、銀行取引明細書 注:書類には氏名と現在の住所が含まれている必要があります;発行者と日付が表示されている必要があります)

ただ「提供された文書のいずれかが英語以外の異なる言語である場合は、文書を英語の翻訳で認証する必要があります。」という補足があります。 そのため、単に手元にある免許証や電気料金明細を撮影して送るのだけでは不十分と思われます。 とりあえず、手元にあるものを撮影して送ってみて、その後、指摘を受けたら対応する、でいいと思います。

英訳したものを送る必要があれば、専門業者に依頼して該当書類を準備しましょう。

  https://www.translators.jp/  「翻訳のサムライ」

 ・運転免許証なら「表のみ4,000円、裏表6,000円」
 ・公共料金明細(電気、ガス、水道、電話等)なら「6,000円〜8,000円」

ここまで済んだら口座開設手続きが完了となります。

⑭申請書の記入

申請書は以下の②(青ワク)から取り出すことができます。一番最初に見たページの「Additional forms」の下の「Entry Agreement」の部分です。

② https://www.robbinstrading.com/wp-content/uploads/2019/10/2020WCCFXTEntryAgreement.pdf

5ページ構成のPDFです。個人であれば4ページ目に記入します。

名前、署名、日付、住所、メールアドレス、電話番号、初回預入金を記入します。
「JointAccountHolder’s」と「Account Manager」の部分は未記入でokです。

記入が済んだら、その書類を撮影して「info@worldcupchampionships.com」に送ればokです。

最後に

この記事はツイッターでのやりとりをきっかけに書いたものです。管理人は海外FX業者で取引しているものの、さすがにこういった大会に出ようと思えるほどのレベルには達してないと自覚しています。同じ日本人で、こういった大会に出たいという人がもしいたら、エントリーする際に何かの参考になればと思って書きました。(けしてATCやロビンスカップ運営側のまわしものなどではありません… 報酬も別にないですし… ロビンマスクの 画像もダジャレですし…)

登録そのものは自己責任でお願いしたいと思います。

2020年のロビンスカップの優勝者が日本人だったら、なんだかとてもうれしい気持ちになります。

タイトルとURLをコピーしました